FC2ブログ

現在の閲覧者数:

赤にんにく

2018年08月10日 00:01

『赤にんにく』

 赤にんにくというと
 身が赤いと勘違いしてしまいそうですが
 皮が赤いから赤にんにく

DSCF7964_convert_20180809144258.jpg

↑今シーズンのものがとれ始めています!
 岐阜の各務さんからのお野菜詰め合わせの中に
 ひょっこりと入れてもらっています

 普段から料理の下ごしらえで使われることが多いので
 紹介する間もなく使い切ってしまうので
 今回ご紹介♪

 小ぶりで、香りや味わいは程よく
 なくてはならないお野菜の一つとして
 使っております。


スポンサーサイト

新たな日々

2018年08月09日 13:45


IMG_7447_convert_20180809133744.jpg


悲しいお知らせは
できるだけ控えたいと考えていますが

野外イベントやお店を手伝ってもらったりしてたので
義姉を知ってる方や事情を知る友人・同級生も多く
マダムの意向もあり
SNSなどではUPしていましたが
こちらのブログでもお知らせしたいと思います

義姉は卵巣癌で
2年ほど治療に専念
入院加療中でございましたが
先月永眠いたしました

余命宣告を告げられてからも
およそ7ヶ月ほんとうに
よく頑張ってくれました

最後の最後まで、幼い愛娘にも
たくさんの愛情と思い出を残せたと思います

病が見つかってからのこの2年間
僕らも後悔の残らないようにと
忙しい合間をぬって
全力でサポート出来たと思います

いつも僕とマダム、仕事・お店の事を
気にかけてくれた義姉でしたから
ご予約のお客様を断わることなくお迎えし
ずいぶんと待たせてしまいましたが
しっかりとおくりだしました

ただまだ日も浅く
バタバタしていて落ち着かない毎日です

新しく家族に迎えた姪ですが
まだ小学生という事もあり
おうちでお留守番という事も難しく
僕らの子供たち同様、お店のバックヤードなどで宿題などしてると思います
営業中にひょっこり現れることもあると思いますのでその際は
暖かく見守っていただけたら嬉しいです

載せた写真は、葬儀の日の夕焼け

紫とピンクが大好きだった義姉でしたので
なんだか空から見てくれてるような風に思ってしまう夕暮れでした

新たな日々をこれからも頑張っていきたいと思います

北海道池田町からやってきた安西さんの仔羊

2018年07月04日 11:35

『北海道池田町からやってきた安西さんの仔羊』





ひっそりと仕込んでおりました(笑

DSCF7904_convert_20180705134229.jpg

↑今年もおいしい仔羊半頭分をサラミに♪





DSCF7941_convert_20180705134148.jpg

↑マスタードは2種類使って辛味と食感を調整
 肉厚にカットしたかったので細目に仕込んであります

 仔羊で?!とお客様の反応のよいサラミ
 僕自身気に入ってる味わいなので毎年この時期につくる
 季節の仕込み

 今回もいい感じです(^0^)


大阪北部地震

2018年06月27日 10:09

『大阪北部地震』

阪神大震災は高校生の時でした
大きな地震はこれで2度目

住まいは茨木市でしたので震度6弱
お店は吹田市ですので震度5強

今回の地震は縦型の揺れで時間も長くなかったように思いました
一瞬の大きな揺れで、戸棚からお皿やワインがたくさん滑り落ち割れ
熟成庫の生ハムは飛び出し店前の花壇も被災し綺麗にガーデニングしてた分爪痕が途轍もなかったです
開店のお祝いにといただいたものや思い出のものも壊れたりと残念で仕方ありませんが

命あっての物種、
幸い家族にけがもなく建物なども無事です

揺れの中、今まで出したことのない声色で子供たちの名前を叫んだのは
大げさかもしれませんが、死ぬかもしれないという一瞬の中で
この子たちは助けなきゃという心がそうさせたんだと思います。

ガスだけが4日ほど使えませんでしたが、今は復旧
僕のところは断水・停電もなく本当に助かりました

娘の高校は1週間お休みでしたが内壁がボロボロで、まだ立ち入れないところもたくさんあり
これから半年かけて修繕するようです
最寄りのモノレールも一昨日やっと再開

眠れぬ夜もありましたが余震もおさまりやっと落ち着いてきたところです

遠方のお客様から直筆のお手紙をいただいたり
お世話になっている方からお菓子を送ってくださったり
先輩や友人、たくさんの方から心配のお声をかけていただいて
心も潤い温まり励みになりました
誠にありがとうございました

皿などは割れてしまい
再び買いそろえるまでは数がそろってなかったりと
しばらくはご不便もおかけしますが
なんとか営業再開しております

日々の生活の中でまさか自分が被災するとはやっぱりなかなか思っておらず
備えは必要最小限で用意してたものの
どこにしまっているのかさえ分からず
それでは意味のないことだと実感しました。

再び来るかもしれない地震に備え
備忘録として書いておこうと思います
長くなりますので少しづつ時間のある時に追記したいと思いますので
文章が不完全で途中でupしますが

お目に留まった方がいましたらそっと心にしまって
何かのお役に立てていただければと思います

~震災直後~
寝ていて揺れで目覚めましたが
今ままで感じたことのない大きな揺れで大地震だということが分かります
直下型地震でしたので
揺れのなか緊急地震速報のアラームを聞く
ことになり
相当動揺します

僕の場合寝起きでなかなか体が、いうことが効きませんでしたし
大学に行くために起きてた息子の方がずいぶんとしっかりしてました

揺れの中で家族たちの安否確認あとベッドの下などに避難
息子と僕で
窓やドアを開け避難経路を確保
とりあえずガス栓を閉めました

状況を把握するための情報は
テレビよりもインターネットテレビ放送局の方が
早く詳しい感じでずっとパソコンで情報収集していました。

物が倒れガラスが割れてますので
はだしでの移動は相当危険でした

すぐさま携帯電話など回線がパンクし
主な通信手段としてメッセンジャーとLINEが活躍しました

水が出るようでしたので
息子がお風呂に生活用水を貯めました

この時点で避難する場合は電気のブレーカーを落とす
余震の倒壊でショートし火事などの2次被害を防ぐためだそうです

余震の恐れがありましたが無人のお店が気になり
車で店まで行きますが最寄りのガソリンスタンドが開いていたので
入れれる時にガソリンを満タンにしておきました
何があるかわからないのでいつでも満タンに!は道民時代の名残です

~被災後の店~

勝手口を開けたそばから
物置の戸棚から厨房、バックヤード、ホールと
ありとあらゆるものが落ち割れていました

とりあえずライフラインのチェック
ガスが出ませんでしたが

大きな業務用冷蔵庫が動いていたりと
揺れの大きさにビビります

店内のガラス窓から
ファサードの花壇が倒壊してるのをみて
歩行者の危険を感じました

落胆とショックでしばらく動けません
正直何から手を付ければ良いのかと?立ちすくみます

一先ず
二人では片付けは難しいと思い
まだ余震もある中、家族がみな同じ場所にいた方がいいと判断
子供たちも招集し片付け開始

ケガしないように軍手
とりあえず補強するガムテープ
がすぐ必要になります

他必要なものなど息子に頼み買い出しに行ってもらうも
当たり前なんですがどこも閉まっています

かろうじて開いていたコンビニも
すぐに食べれるパンやおにぎり、飲み物、カップ麺、レトルト商品が瞬殺で売り切れていたようです

わずかな食料と傷薬・絆創膏を買ってきてくれました

とりあえずの片づけは4時間ほどかかりましたでしょうか
震災後のショックと疲労で、食事が用意できなくて
調理の必要のない食べものをカウンターで並んで食べました
息子のパソコンからは常に震災後の情報が流れ、自分が被災したことを実感します

そのあと家に帰りますが

地震後の片付け時に
中の様子が見えない扉収納の場合
開けると中から食器などが飛び出て割れる
2次被害があるあるです


お店のガスは止まっていましたが
大阪ガスがお知らせする方法で復旧できました

~家の片付け~

揺れの方向などの影響か
倒壊はありませんでしたが
あらゆる扉が開き、上においてたものなどが落ち割れました

ガスだけが止まっていて
復旧作業しましたがおおもとのガス供給がストップしてたため
使えませんでした

熊本の後輩から
寝るときは枕元に靴と貴重品を置いておくことのアドバイス
暗がりで余震の際役立つと
ランタン(電池は入れておく)を用意し、外着のまま就寝

思わぬ余震で全然寝れません
これはなかなか体験しないとわかりませんが
少しの揺れがこの後大きくなるんじゃないかと思い
そのたび身構えますので相当疲れます















ナチュラルチーズ製造研修会 in 滋賀 2018

2018年06月15日 06:01

『ナチュラルチーズ製造研修会 in 滋賀 2018』




とうとう最近、老いを感じはじめた
おさぼりさんです(笑

3週間ほど元気がありませんでしたが
やっと復活してきましたのでブログも更新です




先日お店のお休みを利用して
滋賀の山田牧場にチーズを作りに行ってきました♪

行く度にたくさんの気付きがあり
毎回勉強になります(^0^)


IMG_0511_convert_20180615001113.jpg

↑山田さん所の熟成庫にはたくさんのチーズがありました

 未発表?のチーズなどもあり
 みんなオリジナルでいろいろ作るんだなーと思いつつ
 
 やっぱりこんな大きな熟成庫ほしくなっちゃうなぁ(;。;)


 

IMG_0515_convert_20180615001221.jpg

↑去年の製造研修でイヴさんと作ったハードタイプのチーズ




DSCF7922_convert_20180615000919.jpg

↑今回はラクレットタイプのチーズの仕込み




DSCF7915_convert_20180615000701.jpg

DSCF7924_convert_20180615000942.jpg

↑今回のお楽しみ、酸凝固のチーズも仕込みました
  酸凝固は自己流で仕込んでいたんで
  いろいろ学べました(>。<)

DSCF7919_convert_20180615000829.jpg


 
 
IMG_0526_convert_20180615001306.jpg

↑研修は夕方で終わり近くの温泉にみんなで入りに行って
  夜はみんなで食卓を囲みワイワイと食事&懇親会

  それぞれ持ち寄ったチーズを食べながら若干研修

  僕が持ってきたのは、おさぼり仕込みの『名もなきチーズ』
  熟成が進み過ぎてあまりいい状態じゃなかったですけど
 イヴさんにやっと食べてもらいました
 (前回は冷蔵庫の冷気の吹き出し近くで冷凍になってたんでねーあきらめました)

 「TRES BON! TRES BON!」と大変お褒めいただきましたよ♪





IMG_0534_convert_20180615003054.jpg

↑深夜までたくさん話し込み
 次の日の朝




IMG_0530_convert_20180615003026.jpg

↑牧場の朝はめっちゃ早いです

 こうやって年に何度か酪農の仕事に触れることがありますが
 休みなく毎日このハードな仕事をされていると思うと
 本当に頭の下がる思い
 


IMG_0535_convert_20180615003120.jpg

↑驚く速さで作業を進めていきます

 きれいにパック詰めされた牛乳だけ見ると
 見えない仕事や思いがここでは感じることができます。

 


IMG_0516_convert_20180615001245.jpg

↑朝食あとは去年仕込んだチーズの試食

  いやーおいしかったですよ♪
  この味わいが出せるならぜひとも仕込んでいきたい

 ハード系は長期熟成がなかなか難しく
 そんなに作ってなかったんですが
 ちょっと1年物とか仕込んでみたくなりました☆




DSCF7938_convert_20180615001044.jpg

↑工房に戻って反転、塩漬け
 泊りがけで2日に及ぶ研修ですが作業はここまで
 最後まで面倒見たいのはやまやま

 これからどんな風に成長するか楽しみです♪




IMG_0536_convert_20180615003140.jpg

↑あらためて
 何時も送ってくださる牛乳の大切さを痛感した今回の研修でした

 感謝をもってまた大事に使わせてもらいます

 いつもありがとうございます!(^0^)



最新記事