現在の閲覧者数:

愛媛あかね和牛

2017年08月23日 07:35

『愛媛あかね和牛』



DSCF7090_convert_20170822111253.jpg

↑あかね和牛は愛媛県が開発した
 赤身と脂肪のバランスを重視した和牛で




DSCF7138_convert_20170822134947.jpg

↑餌には、愛媛らしく県産かんきつと亜麻仁油を与えて健康的に肥育
 牛を知るにはまず餌からってことで送ってもらいました

 僕的には開発当時からお付き合いで
 ロースやフィレといった豪華な部位でなく 
 赤身の美味しさが引き立つ腿や首肉などがお気に入り
 サラミやブレザオラ、パストラミといった加工品も仕込んでいます




 そのあかね和牛なんですが愛媛県庁からのご依頼で
 9月1日より~9月30日まで「愛媛あかね和牛」を使ったお料理を
 ディナーコースの中に1~2品ほど組み込みご用意しております

DSCF7165_convert_20170822113104.jpg

↑旨味たっぷりの部位で加熱ハム「パストラミ」でサラダ





DSCF7188_convert_20170822111921.jpg

↑無農薬ジャガイモのスープにあかね和牛白ワイン煮込み




DSCF7201_convert_20170822112134.jpg

↑赤身のおいしい部位を愛媛柑橘で燻製してメインディッシュ




などなど

お楽しみに~♪

スポンサーサイト

静岡・浜松産 天然才巻海老

2017年08月20日 07:35

『静岡・浜松産 天然才巻海老』




DSCF7091_convert_20170813084616.jpg

↑成長によって名前が変わる車エビ
  大型のものをクルマエビ(車蝦、車海老)
 小振りのものを「さい巻(細巻、鞘巻、才巻)」、「巻」。
 「巻」とは模様が刀の鞘を紐(ひも)で巻いたように見えることらしいです

 殻でとったお出汁でお米をたいて
 身は、さっと火入れで半生
 仕上げに海老味噌(コライユ)を入れて香りとコクだし

 今の季節はあまーいトウモロコシと合わせて
 ディナーでリゾットにしてお出ししています(^0^)

 ぜひぜひ~

 

 
 

みやざき霧島山麓雉

2017年07月27日 01:10

『みやざき霧島山麓雉』


DSCF6874_convert_20170727005220.jpg



宮崎県と鹿児島県にそびえる霧島連峰の麓にて自然に近い状態で飼育し
減農薬野菜や有機野菜とともにオリジナルの餌を与えて育ています。
飼育期間はおよそ6~7ヶ月

肉質は熟成をかけなくても柔らかく
注文があってから絞めて、送っていただくので
お刺身で食べれるほど新鮮で臭みは皆無

イルフィではコースのメイン、内臓系もお好みでしたら♪
ガラは料理のベースに、手羽や手羽元はハム仕立てにして前菜

こちらも捨てるとこはありませんね~☆

三重・桑名産 沖しじみ

2017年07月06日 03:29

『三重・桑名産 沖しじみ』




地蛤を獲りに行く際に、一緒に獲れる沖シジミ

もはやイルフィでは定番ですが、あらためて♪

DSCF5989_convert_20170706030010.jpg

しじみに似て沖合でとれるわけでないのですが沖しじみ



DSCF5990_convert_20170706030056.jpg

↑手のひらサイズの大きさ
  抜群のうま味と肉厚が魅力です

 身はリゾットやパスタ、スープの具材

 蒸すと沢山、お出汁がとれますので
 様々なお料理のベースに使っています。

 

北海道産紫雲丹

2017年06月17日 14:37

『北海道産紫雲丹』


かれこれ5年ほどのお付き合いになりますかね~

雲丹は北海道の雲丹専門店から、直で送っていただいております


DSCF6758_convert_20170617145125.jpg

容器の側面は穴あきで余計な水分も落としてくれますし
指定の重さに小分けで入れてくださるので1人前が明確

ささっと迷わずに盛り付けできるというメリットが、うれしいです。


その時にとれるおすすめを送ってくださるので
バフンウニの時もあります

ミョウバン無添加で、木箱のも入ってませんので
雲丹本来の香りと味わいを楽しめます♪




最新記事