fc2ブログ

現在の閲覧者数:

World Cheese Awards 2023

2023年10月30日 08:59

『World Cheese Awards 2023』

ノルウェー・トロンヘイムで開催されました
ワールドチーズアワード

WEB:https://gff.co.uk/awards/world-cheese-awards/

イギリス前大会ではイルフィチーズは惨敗で
僕自身現地に赴きましたのに
肩を落として帰国と
苦い思い出として記憶も新しいですが

DSCF9964_convert_20220724202633.jpg
今回見事
『百花・Momoka』
銀賞を受賞しました!!

今大会は43か国から4502個ものチーズが出品審査されていたようです。

『百花』はミルクの脂肪分の高い冬の間の仕込みが
1番美味く仕上がるので
真夏になかなか仕込む機会がなく
審査当日にピークを合わせるのに
いろいろ工夫が必要でした。

室温の管理
レンネットの量や
静置の時間
カードカットの力加減・スピード・回数
モールディングのタイミング
予備発酵の温度湿度
ジオの立ち上げから熟成
塩やスパイスの当て方
3週間前に輸送に耐えれるケア

いつものことですが
相当悩みました(>。<)

IMG_7136_convert_20220224150621.jpg

季節を問わず決まった仕込みで
安定した仕上りでなく

ミルクの様子を見ながらの微調整
研修での学びや経験を総動員して挑みました。

ベストを尽くしましたが
最高の状態で送り届けたのかと問われると
まだまだ改善の余地があって
作り手として
これからも努力していきたいところです。

スペイン開催 リコッタ 賞無し
イギリス開催 黒花・百花 賞無し
ノルウェー開催では3度目の正直で♪と
思っていたので嬉しいです

とはいえ、
この結果に満足せず
お世話になっている
青森の安原さん
京都の平林さんをはじめ
スタッフの皆さん・ご家族の皆さん!
なにより牛さん達への感謝・尊敬を忘れず
よりよいチーズをこれからも
作っていきたいと思います!!

皆様に感謝!!
スポンサーサイト



第14回 ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテスト

2023年10月28日 22:57

『第14回 ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテスト』

先日東京で開催されたチーズコンテスト
3大会連続最終審査出場とは!なりませんでしたし
なんなら入賞すらできませんでした(( ノД`)シクシク…

エントリーしていたチーズ達は
抜群の美味しさに加え、安定した仕込みができてて
レストランで料理にガンガン使ってますし
お土産で買っていただく常連の客様もいる
人気のチーズ♪

入賞経験のあるチーズ達は封印し
コンテスト初出しの子たちだけで
頑張ってみたんですが(^0^)
残念ながら賞をいただけませんでした。

ただ
展示試食会では
たくさんのお客様に食べていただいて
リアルな感想やリアクションが見れて
とっても安心しましたし
これからも大事に仕込んでいきたい
チーズたちです♪

15ab863f24a5b7347695f61efeb5277e_original_convert_20231028225314.png

「ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテスト」は
製造技術の向上と消費拡大等を目的に開催していて
およそ25年ほど続いている
国産ナチュラルチーズのコンテストです

チーズ作りを始めたときから
酪農家さんから出してみたらいいのにと
背中を押されていました大会で今回3回目の出品

前大会から2年の準備期間がありましたので
あーでもないこーでもないと
沢山の気づきがあり、 仕込みの様々な工夫と改善
よりよい感じでブラッシュアップできたことは
大変良い機会となりました

今回過去最多の112工房から254個のチーズのエントリー


1次審査で30作品に絞られ、内20作品が「優秀賞」
2次審査で10作品を「金賞」として選出
最終審査は10作品中9作品を対象に審査

審査が終わるまで名前や工房は非公開なので
最終審査はいつもドキドキです(>。<)

今回エントリーしたチーズは
2か月熟成したラクテック凝固チーズに
ブラックカカオをまぶした
『花々乙・Kakao』

北海道産生クリームで仕込んだ
マスカルポーネタイプの
『白花・Shirohana』

白花に自家製トリュフマリネを
ふんだんに加えたトリュフのクリームチーズ
『露花・Roka』

を出品しましたー!

日々感謝、命の恵みの美味しさを
お客様に届けるべく
これからも頑張っていきたいと思います。

Japan Cheese Award 2022

2022年10月23日 19:40

『Japan Cheese Award 2022』

「ジャパンチーズアワード」は
日本のナチュラルチーズ生産者を応援し、
生産者と消費者をつなぐプロジェクトとして、2014年からスタートした
2年に1度開催の表彰制度。

今回で5回目
もう10年も経つんですね~

毎回のことですが
審査当日に美味しさのピークを持って行くことの難しさを
生産者としてものすごく感じましたし

結果を見て悔しかったり納得するものも、あったりしましたが
切磋琢磨して先輩チーズ職人のみなさんと肩を並べるところまで
もっと頑張っていきたいと思いました。

ひっそりとエントリーしておりましたが
出品しましたチーズの
結果発表~~~~(>。<)





IMG_7136_convert_20220224150621.jpg

↑百花は
もともと修業時代に仕込んでいた青森のお師匠様のスパイスチーズのオマージュです

ワインとの相性を考え新たにスパイスの選別・配合
酵母を加え完熟した酸凝固チーズの美味しさもプラスして
熟成を経たスパイスの香りとのマリアージュを楽しめるチーズに仕上げました!!

ソフト・バラエティ部門
「百花・Momoka」銀賞



前回は銅賞でしたので
とても嬉しい結果!!





_convert_20220224150748.jpg

↑今やイルフィのチーズといえば黒花が代表ですが
まだまだ改善の余地ありそうな結果(^0^)
ほんの些細なことが味わいにかかわってくる、大事な経験をさせていただきました!

フレッシュ・バラエティ部門にて
「黒花・Kokka」 銅賞




IMG_E5735[1]_convert_20200303142631

↑前々大会銀賞でしたが、久しぶりのエントリーで

ソフト/酸凝固(ヤギ乳以外)部門で
「名もなきチーズ」 見事!最優秀部門賞




初めて最優秀部門賞を
頂戴しました(;。;)嬉しいです♪

この結果に満足せず
お世話になっている
青森の安原さん
京都の平林さんをはじめ
スタッフの皆さん・ご家族の皆さんのおかげです!
なにより牛さん達への感謝・尊敬を忘れず
よりよいチーズをこれからも
作っていきたいと思います!!

ここからが始まり

2022年05月12日 19:30

『ここからが始まり』


制限なしのGW
久しぶりにご家族が集まったと
そんな声が多く聞こえました。

イルフィも久しぶりに
大きく稼働して充実した毎日
たくさんのお客様の笑顔を見ることができて
良い仕事ができたと思います。

このままコロナ禍も終息につながればよいのですが・・・

台木が赤色で
イルフィに映えます、あれ届きました♪

IMG_3687_convert_20220512183418.jpg

先日の国際大会(アメリカ・ウィスコンシン州で開催)
World Championship Cheese Contest 2022
Spreadable Natural Cheeses
「ワールドチャンピオンシップチーズコンテスト」
スプレッドできるナチュラルチーズ部門で出場していた
「黒花・KOKKA・」がめでたく99.9のハイスコアで部門世界一
Best of Classを獲得
授与されたゴールドメダルがやっと手元に~~(^0^)

現地開催の受賞セレモニーに
招待していただいて
せっかくなんで行きたかったんですが
世界情勢やコロナ禍などの理由で
渡米は断念せざるを得ない感じで
やむなく諦めました(;。;)

大阪でチーズ?と興味を持っていただき
お問い合わせもたくさんいただいていて嬉しい限り。

これで終わりでなく
ここからが始まり

たくさん勉強して
いろいろ仕込んで
よりよいチーズを作ること!

「大阪のチーズおじさん」として
これからも頑張っていきたいと思います!!




最新記事