現在の閲覧者数:

明けましておめでとうございます。

2010年01月07日 14:26

『新年明けましておめでとうございます』

皆様は、年末どう?お過ごしになりましたか?
新年をどのような気持ちで、むかえましたか?

お休みの間
直前に仕込んだチーズが気になって
毎日お店に来ては、こっそりお世話。

それでも、しっかり休んで英気を養わないと・・・

そんな思いの中

考えるのは、自分自身を振り返ることばかり。

20代前半は、同世代に負けまいと、突っ走ること
家族を持ち、それを言い訳に、自分を甘やかさない
出来ないことも多いにありましたけど
時間が無いのなら、睡眠時間を削ればなんととかなると思った日々。

20代後半は、それを継続させるだけの将来設計
独立資金を貯め、何を優先して、何を捨てていくか?
視野を広げ、夢を追うばかりでなく現実的な毎日を送る日々。

30代に入り、独立に向けての“やらねばいけないこと”に振り回され
キュイジニエとしての自分より
経営者としての自分を育てる毎日

言葉では言いきれない、目標や課題をクリアしてきた道のりが、少なからずあります。
他の人にとっては、たいしたことじゃないかもしれませんが(^0^)

自分の軌跡を振りかえることもできる歳にもなり
休みの間、ずっと自問自答していました。

自分の夢は?

本当の自分って?

・・・・・何???

さまざまな考えの中
ブログでは、あまりにも簡単な答えで伝わらないかもしれませんが

これからの自分に、大事ないにしたいと思ったこと

それは

『諦めない強い心』を持つということ

僕は、小さい時に目も当てられない、ほかの人には耐えれないと思う
辛い日々を過ごしました。

そんな期間があったからこそ、打たれ強い
困難に立ち向かえられるだけの気持ちを継続できる
自分になったんだと、非難否定もぜず、受け入れることができます。

もちろん
強がる気持ちもあります
だからこそ
自分の心が壊れないように、いつの間にか
気付かない内に自分を守るように心をセーブしていたんだと思います。

試合に出ても、コンクールにでても
決勝にまで上がれるのに、結果が見えない。
そんな自分がもどかしい。

ずっと思っていました。

「一番を獲ることにリスクがあるのなら二番で十分」

『最悪を想定し、最善を尽くし、中庸を行く』

決して悪くない自分だと思います、けど足りないんです。

生きている実感というか、泥臭くというか
もっと、悩んだり泣いたり、悔しくてわめいたり
まだまだ若い、今だからこそできることがあると思うんです

もっと情熱的に生きたい!、熱い思いを胸に走りたい!
その姿を見て、ついて来てくれる人がいたら、一生守ってやりたいと思うんです。

今の僕に足りないもの
それは

『諦めない強い心』

僕は僕の舞台で、人に笑われても踊りきって見せます!

オーナーシェフとしての視座を忘れず

まずは、シニアソムリエの試験
そして今後のコンクールの優勝を目指し、がんばります。

小さなお花の店主が、小さな決意表明です(笑)

本年もよろしくお願い申し上げます。




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ilfioretto.blog85.fc2.com/tb.php/111-2d27d163
    この記事へのトラックバック


    最新記事