FC2ブログ

現在の閲覧者数:

僕にできること。

2011年03月25日 03:09

自衛隊に入隊してる同級生が、いるんです。

現地での任務に就くかたわら、激務にも関わらず、わずかな休息時間に
現場の状況を教えてくれています。

以下転載



災害派遣11日目

滑走路もようやく輸送機の離着陸が出来る様になり、
物資の届く拠点になっている。水没していた高さは1㍍30㌢はあるんじゃないかと思うほど
高い位置に跡がついていた。

石巻市にある集積地には他府県からの民間トラックが爆発的に増えて混雑しており、
卸下までに2時間待機…

他府県の善意物資が大量に届けられていた。

県道沿いのラーメン屋が開店しており大繁盛、
ガソリンスタンドは相変わらず長蛇の列、大きなスーパーが時間制限つきで開店していた。

周囲の川の水位は引きはじめ水没していた物が姿を現しだしてきた。
輸送支援の内容もそろそろ変わってきそうだ…

災害派遣12日目

仙台市を始めとし、
各主要市町村でライフラインや交通網の整備が進んでいるので、
特に被害の大きい沿岸部への物流量や速度が高まっていく事は間違いない!


また市バスも一部運行が始まっているので一部では燃料供給も見通しが立ったのだと思う。
しかしこれは本当に被害の少ない地域の現状

道路や用水路には今だゴミから車まで多種類の漂流物が残されており、清掃撤収にはまだまだ時間と人手が必要だろう…
支援物資も[米]が届きだしたので被災者の方々は久しぶりに温かい白米が食べれるのではないかなと思う。


災害派遣13日目

朝から民間倉庫へ荷物を卸下しに行くと…民間トラックの積載卸下で倉庫が大渋滞……

倉庫には各地から寄せられた善意物資や企業からの物資が大量に備蓄され被災地各地へ輸送されるのを待ってる状態とのこと
こんなに民間トラックが走り出してる現状、中には災害関連物資ではなく通常の物流物資も数多く運ばれてきてるとの話!

日中も緊急車両以外の車両がかなり増え、各地で渋滞しだし救急車がなかなか進めない場面も…
国道沿いにあるチェーン店も開店しだし、やっとコンビニも開店しお客さんも列んでいた!

更には電気自動車がディーラーで充電されていたりと、かなり復旧されているのがわかる。

直撃を受けた被災地域では、全壊した家屋や冠水した道に隆起した歩道等を自衛隊の重機が休みなしに稼働し
瓦礫を取り除き「道」を作り出してくれている!

この道が幾つも開通する事によって被災地や被災者のこれからの生活(未来)への「道」も切り開かれると信じて
毎日皆全力で頑張ってる。

テレビに映らない数多くの人達の苦悩や努力、そして責任感や使命感を多くの人達に知ってもらいたい。




災害派遣当初
目も当てられない光景と
どこから手をつければよいのか分からないような現状
を綴っていました。

今はライフラインが整いつつ
復興が急がれる毎日ですが
彼はこれから
まだ手の届かぬ、被災地に赴くと思われます。

心を痛める毎日
考えさせられる日々

それぞれに、出来ること出来ないことがあります
それは、
現場のプロフェッショナルな方たちにも
災害支援ボランティアの方たちにも

そして僕にも。

いろいろ僕が考えるよりも、現場で必要とされるものになることのお手伝いができればと思い
先日、東北地方太平洋沖地震義援金として募金してきました。

今もまだ苦しい日々が続いていますが
被災地の一日も早い復興を心より祈念するとともに、
ここ大阪より少しでもできることをやっていきます。


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ilfioretto.blog85.fc2.com/tb.php/216-7a10684e
    この記事へのトラックバック


    最新記事