現在の閲覧者数:

岩手県九戸産天然山菜

2011年06月12日 02:19

『岩手県九戸産天然山菜』

山菜と言えば、おさぼりさん。

北海道では20歳前半にも拘わらず、休みの日になると
山に入りこんでは、野生の熊に注意しながら採りまくっていた日を懐かしく思います。

今では採る機会も少なく
代わりに山菜名人の方に
送っていただいています(;。;)


5譛・9譌・+065_convert_20110612013207

↑5月の終わりから天然の山菜が入荷中♪↓

7譌・6譛・052_convert_20110612013244



5譛・9譌・+061_convert_20110612013033

↑おなじみ“フキノトウ”
 ピューレにしてニョッキにして提供中♪


5譛・9譌・+060_convert_20110612012955

↑“ミヤマイラクサ”
 葉っぱが紫蘇に似ていますが
 葉に棘があってびっくりするぐらい痛いです
 山で匂おうとして鼻に刺さった苦い思い出があります(笑)

 棘がいらいらするからとこのネーミング♪らしいです。


5譛・9譌・+062_convert_20110612013054

↑山菜の王様“タラの芽”
 棘があるのが雄株だったか?な??


5譛・9譌・+063_convert_20110612013118

↑“ハリギリ”

 たらの芽、こしあぶらと同じウコギ科の山菜です。
 たらの芽よりアクが強く好みが分かれますが、「これぞ野生!」という通好みの味です。



7譌・6譛・053_convert_20110612013307

↑山菜の女王“コシアブラ”

 白木の芽(しらきの芽)とも呼ばれ、たらの芽と同じくウコギ科の山菜で、上品な香り
 しっかりとしたコクが絶品です。



7譌・6譛・054_convert_20110612013344

↑“モミジガサ”

 東北では人気を誇り、地元ではたらの芽よりありがたがられます。
 「これぞ山菜!」という独特のアク、ワイルドな風味があます。



7譌・6譛・056_convert_20110612013515

↑“独活”北海道では腐るほど生っていて、生でかじってました!
 採りたては苦くないんですよ~



7譌・6譛・057_convert_20110612013536

↑“姫筍”軽くボイルで付け合わせに♪


5譛・3譌・+014_convert_20110612020747


↑美味しい山菜たちは自家製のチーズで作った揚げ衣でフリットに♪
 アミューズで提供中です(^0^)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ilfioretto.blog85.fc2.com/tb.php/230-c8335cca
    この記事へのトラックバック


    最新記事