現在の閲覧者数:

青森修行の日々48

2009年08月16日 09:03

「チーズプロフェッショナルとういう仕事」

HI3D0241_convert_20090816080718.jpg
↑スパイスのセミハードタイプが2種。

2年前、自分の料理の幅を広くするため
少しでも御客様に、美味しい料理を御創りできるようにと受けた
ソムリエ試験。

合格しソムリエになると、これまた
自分に足りないものが見えてきて、勉強のの日々

ワインとくれば、チーズも勉強しないと!ってことで
軽い気持ちで、のようなスケジュールで挑戦した
チーズプロフェッショナルという、チーズのソムリエの資格

思い立ったらすぐに願書を提出。

いろいろ考えてしまう前に、体が動いてしまうのが
おさぼりさん(^0^)なんです・・・

一次試験まで、たったの一ヶ月しか期間が無く
無謀にも思える試験でしたが
モンスター並みの猛勉強で、

およそ200ぐらいかなぁ・・・
世界各国のチーズを原語で覚え、その産地、サイズなどの規格などもマスター

教本も一冊丸覚え

試験も記述がほぼで、チーズ全般の知識についてを問われます。
勉強の成果か?(笑)
難なく合格したけど

問題は二次試験

ブラインドテイスティングほか、より深い知識が必要。
これまた、一ヶ月しか期間が無く

チーズショップに行っては、買い占めて

モグモグ味見。

モグモグ味見。

モグモグ味見。

モグモグ味見。

モグモグ味見。

そんなおさぼりさんが、合格したのは奇跡とも言える所業。

学校にも通わず、独学で、たった2ヶ月の勉強で合格したのは
国内1400人足らずしか居ない、資格取得者の中でも

僕だけと自負しています。(^0^)

自分のお店では、手作りのチーズも含め
世界各国のチーズを紹介し、チーズの魅力を啓蒙し、資格取得者としての
使命を果たして生きたいと思います。

HI3D0244_convert_20090722083155.jpg

↑これは、笹森CHEFの指導の下
初めて仕込んだ硬質チーズ。

あと、2週間でお店を出る、僕が味見をすることはできないけど
たくさんの技術を笹森CHEFの傍で見させていただきました。

HI3D0243_convert_20090722083126.jpg

↑白カビのチーズ
菌糸に覆われた、チーズを見ると
ふかふかで、可愛いです♪

中では乳酸が、熟成を進め、外からは白カビ菌が、熟成を進めます。








スポンサーサイト


コメント

  1. おさぼりchef | URL | -

    Re: 何度もすいません。

    S様、ご連絡ありがとうございます☆
    ダ・サスィーノご来店、ありがとうございます。

    残念なことに、スタッフは、すでに決まっていて
    今のところ募集はしていません。

    ただ今後の展開により、募集もかける予定です。
    時期は未定ですが(>。<)。

    ご興味がおありでしたら、職歴経歴など簡単なものを
    用意していただけたら、またご連絡差し上げるときが、あるかもしれません。

    よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ilfioretto.blog85.fc2.com/tb.php/74-d929006a
この記事へのトラックバック


最新記事